チャック袋 印刷

後印刷加工



でき上がっている既製の袋に一色ずつ表刷りで印刷を行うもので、樹脂の凸版にインクをつけ、 それを袋に転写させる簡易的な印刷方法です。

後印刷加工とは?


後印刷加工のメリット

既製品だからスピーディ・1枚からでも印刷可能・特急対応なら翌日出荷もOK



後印刷加工の特徴



●ご希望に近い数量で印刷することができます。
●袋の表・裏に印刷が可能です。 (印刷可能範囲はこちらをご覧ください)
●印刷色は全12色。(片面につき2色までお選びいただけます。)
●「お客様のイメージされた内容やお持ちの文字・柄のデータ」もしくは、「当社保有の文字・柄」等を Illustrator(イラストレーター)でレイアウト後、樹脂版を作製し、印刷いたします。 (簡易的な印刷のため、若干のズレはご容赦ください。)



後印刷加工の流れ

後印刷加工の流れ



お客様のイメージされた内容やお持ちの文字・柄のデータ(持ち込みデータ)を入稿していただく場合の流れ

後印刷加工の流れ

 
<後印刷加工 入稿の手引きムービー>




後印刷加工 加工賃(バルブ本体+取付賃)

※データ作成代…版を作製するための原稿作製費用   ※データチェック代…データ入稿の際のデータ確認費用
※版代…袋に印刷する樹脂版の作製費用
加工代について詳しく見る (パッケージ通販サイト)≫



印刷が可能な範囲

印刷が可能な範囲



ご注意ください。

●袋への後印刷加工は代金引換え(代引き)でのお支払い方法ではご注文できません。

●データ入稿については別途データチェック代が必要です。(データの修正、再入稿、当社での修正についても必要です。)
●デザインは雛型データの印刷可能範囲内に収めてください。
●デザインのカラーは雛型データ付属の12色のカラーからお選びください。(片面につき2色までお選びいただけます。)
●入稿データはアウトライン化し、illustrator Ver.CS2以下で保存してください。
●文字やイラスト向けの印刷で、細かな柄、グラデーション、写真はご利用いただけません。
●小さな文字や細かなイラストなどの印刷は、つぶれる可能性があります。
●確認用の画像データ(jpg)の解像度は150dpi(中)程度でOKです。
●データ入稿の際、当社加工技術で再現できない場合は印刷加工をお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
●表刷りのため、摩擦により、インクが剥がれる場合があります。
●上下・左右各3mmの印刷のズレが生じる場合があります。2色印刷を希望の場合は事前にお問い合わせください。




後印刷加工の色

後印刷加工の色



後印刷加工を詳しく見る




PAGE TOP